戯言日記集


ようこそ!いらっしゃいませ。meiheと申します。声楽・英米文学そしてなぜか中国留学も経験済みな大学4年生です。meiheが紡ぎだす日々のだれだれ日記です。どうぞごゆっくり!!
by meihe1120
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
Links☆

<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

あれれ???

・・・・・道にまよってしまいました。

今日も説明会に参加してきたのですが、あまり乗りなれていない地下鉄で行きました。


もう、東京都!!
何?メトロって??
何ムダにフランス語なわけ?
もう、訳わからないよ(泣)



上野駅で迷い、八丁堀駅でも迷い、地上でもふつーに迷い・・・。


やっぱ地上を走る電車の方が乗りやすいな~。



行くまでに散々迷ったので、説明会に遅れるかも!という焦りが発生しました。
ま、実際には受付時間より前に現場に到着できましたがね。


学校に行く時もそうなんですが、何事もギリギリというのが大ッキライなのです。
そんなわけで、今日も1時間前に最終駅に着くように予定して来たのですが、迷いに迷って30分前につきました。
遅刻しなくてよかった。供えあれば憂いなしですよ、本当に。


時間にルーズっていうのが大ッキライなので、自分が遅刻なんてしたら自己嫌悪で立ち直れなそう・・・。



今日の企業さんはかなり大本命。
でも、会社内の共通語が英語らしい。
中国にも展開しているので中国語も使う機会がありそう。
そういった外資系っぽい会社らしいです。
国際的でいいんじゃない?仕事内容も興味をそそるものでした。
多分、今まで参加してきた説明会で一番心を動かされた説明会でした。


担当された方の言葉に「就職活動は恋愛みたいなものです」というのがありました。
まさにその通り!
何事もご縁です。(おっ!仏教的発想!!)


ちなみに、面接試験は「告白タイム」ともおっしゃっていました(笑)
面白い人だ(笑)
でも、それまたその通りだな~と思います。
いかに思いをぶつけるかですね。

飾らず素で勝負しましょう。
[PR]
by meihe1120 | 2006-02-28 22:29 | 就職活動

はまってます。

最近、入浴時間が楽しみです。

もう、毎日シュウカツで疲れてるので、入浴で一気にリラックスしてます。




リラックス効果のある入浴方法って、一般的には半身浴なんでしょうね。
でも、私はあのぬる~いお湯があんまり好きじゃないんです。
たまにならいいんですがね。


で、私の場合は熱めのお湯に10分くらい浸かってから湯船から出て5分くらい休んだ後また入るということを繰り返しています。
大体3回くらい出たり入ったりをしているんですが、コレが結構体力を使っている気がします。
一通り終わると体中がぽかぽかして、見も心もすっきり(笑)
水分をとりながらやるのがポイントですね。
[PR]
by meihe1120 | 2006-02-27 21:15 | 趣味?

おじゃが。

夕飯をよく作るんですが、レシピのレパートリーのなさに悩み中。


我がmeihe家は祖父と父の趣味である畑から大量の野菜をゲットできます。
今年は不作だったとぼやく祖父ですが、私から見たらどーやって食べきるか悩むくらいの量なんです。


特にジャガイモ!!



おじゃがが多すぎなんですよ!



で、今日はおじゃがを嫌味なくらい使ってみました。



meiheが作った本日のお料理↓


マッシュポテト
ポテト・グラタン
肉じゃが。



です。


1品だけ和食なのは、洋食があんまり好きではない祖父のためです。


ぜ~~~~~~んぶおじゃがを使いましたよ。

それでも農業用袋1つが残っています。
芽が出てきてしまうので、春の内に使い切りたいな~。




グラタンは10分位で作れる方法を最近ネットで発見しました。だからよく作ります。
マッシュポテトは単純に私の好きな料理!
肉じゃがは、meiheの中で「和食=肉じゃが」の方程式があるから。
以上の理由で作った本日のメニューなんですが、これじゃぁ少ないんですよ。


我が家は最低4品必要です。



こまったこまった~って悩んでいる時に母帰宅。
珍しく6時に帰ってきた母。(普段は7時半とかなんです)

私が困っているのを見た母は、そこら辺にあったものをてきとーに繕って2品ほど追加しました。


母すげ~。



なんだかんだいって、私は母にスピードじゃ勝てないんですよ。
味で勝つ自信はありますがね!!


とにかく、おじゃがの処理で悩み中。それにもっと料理の幅を広げたいです。
う~~~~ん、あんまり自覚してなかったけれど、私、多分お料理好きなんでしょうね。


どなたか、良いレシピをご存知でしたら教えてください!
[PR]
by meihe1120 | 2006-02-23 19:33 | 趣味?

ちょっと言いたいんだけど・・・。

オリンピックの女子フィギュアを見ました。

日本人の3選手、頑張ってますね。

今のところ3位の荒川選手は次にオペラ「トゥーランドット」の曲で演技をするそうで楽しみ!!


私は開会式を見てないから知らなかったけれど、あのルチアーノ・パバロッティが歌ったらしいですね。
3大テノールの1人ですよ。もう引退したはずなんですが、彼はイタリア人ですからね。やっぱ地元のイベントには出てきたらしいです。

私のなかでパバロッティと言えば「トゥーランドット」からのアリア「誰も寝てはならぬ」があります。以前、NHKで放送した3大テノールのパリ公演で彼が歌ったんですが、すげーの一言でした。あと、「カルーソー」も印象的でした~。

荒川選手の曲もこの「誰も寝てはならぬ」からの抜粋とかなんでしょうね。
音楽の面でも楽しみなことです。


はい、ここからが本題(笑)

部屋の掃除をしていたら、昔に録画したビデオが大量に出てきました。
ラベルがないのもあったので1つ1つ見てみました。ほとんどがオペラやバレエ、コンサートなんかの映像でした。

で、録画しときながら見ていないのもあったので、ついつい見てしまいました。


最近のソプラノ歌手のなかでも人気の高い、ナタリー・デセー主演の「ランメルモールのリュシー」というものです。
オペラ好きな方は???と思われる人もいると思います。

これ、ドニゼッティ作の「ルチア」のフランス語バージョンなんですよ。
もともとの作品で、違う言語バージョンがあるのはそんなに珍しくないと思うのですが、それを映像で、しかもNHKが放送するのは珍しいかと思います。

メロディーもちょっと違ってなかなか面白いんですよ。

さて、この作品はいわゆる「狂乱モノ」なんですが、主要人物のうち女性は1人だけです。このタイトルロールの女性を演じたのがデセーです。


いきなりですが、デセーって見た目が結構キレイだと思います。
そして他の出演者もほとんど見た目が良かったんですよ!!

これ、オペラにしては珍しいかな~って思います。最近は見た目も重視した演出があるみたいだけれど、それでもやっぱり、ね・・・。

でも、この「リュシー(ルチア)」は見た目のバランスがほぼ良かったんですよ!!
もう、すっごい感動して見ていたら・・・・・・・・。







ヒロインの恋人役だけがかっこわるかった・・・・。








まぁ、これは私の感覚なので、人それぞれの感想は違うと思いますがね・・・。




本当に惜しかったな~。(これが言いたかったの!)
あと、お兄さん役の人がチョー☆かっこよかった!(これも言いたかったの!)




でも見た目はともかく、歌は上手かったと思います。






そーいや、デセーはかの有名な狂乱シーンで、四つんばいでコロラトゥーラしてました。



・・・・・・・・・・


どんな肺持ってんの?凄すぎ。
[PR]
by meihe1120 | 2006-02-22 23:51 | 趣味?

I'm much addicted to listening to the musics!!

ヤヴァ~~~~イ!!!!!!!


聞いてやったぜ☆パンクロック!!!YHEA~~~!!!!!

おっそろしく、変なノリになってしまいました(笑)



最近まいぶーむな女性ヴォーカル。


大大大大大ッ好きなThe Distillersを聞いてました。
一日中。
おんなじCDを何度も何度も何度も何度も何度も・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

まさに中毒。Addict。


そういや、addictって単語は動詞と名詞がありますよね?

じゃ、addictとaddictionの違いは?どっちも名詞じゃん。


・・・・・・・・・・気になる。


気になって調べてみました。







<お答え↓>
addict:(N)(麻薬)常用者、熱狂的愛好者。
addiction:(N)麻薬常用癖、熱狂的傾倒。










・・・・・・・・え?びみょーな違い。






つまり人と癖の違いか???




難しい。
多分使い分けできない。
ま、そんなに使わないか・・・・。



ってか、麻薬中毒ってシビアな単語だな。




なんか、今日はチョコット賢くなりました。
[PR]
by meihe1120 | 2006-02-19 21:53 | 趣味?

自分っていったい何ぞや??

就職活動中だと必然的に書くものが出てきます。
履歴書とかエントリーシートとかなんですが、コレを書いている時って企業との勝負+自分との勝負だな!と思ってしまいます。


今書いているのは某メーカーさんのエントリーシートなんですが、「10年後の自分はどうなっているのか?」とか「どういう姿勢で就職活動に臨んでいるのか?」とか、あんまり普段は考えないようなことを考えます。

まぁいい機会なのでガンガン考えて、自己分析して、他人にも分析してもっらったりしてます。
どんな姿勢でシュウカツしてる?って言われたら、「楽しんでやろうぜ★」ってのが本音ですかね・・・。
ぶっちゃけ決して楽じゃぁないけれど、シュウカツとういう今だから見れる各企業さんの実態(?)とか、同年代の人たちがどんなことを考えているのかとか、結構面白いんですよ。
肉体的には辛いけれど、精神的には面白い。
いろ~んな方面から学ぶことが多いと実感します。
meiheは知的好奇心が旺盛な子供だと自己分析いたしましたので、知識を吸収したり色々体験するのは好きなんだろうなーと思います。


最近はメーカーさん狙いに絞ってきました。
一般的には知名度は高くないけれど、業界では高い技術で知られているとういう感じの企業さんを狙っています。

でも探してはいるんですが、メーカー企業って星の数ほどあるんじゃないか?と思ってしまうくらい多い!!
インターネットである程度絞ってから直接その企業さんを見たいと思っているんですが、絞る時点で多すぎです。自分の希望に合いそうなところを見つけるのだけで一苦労です。

『人間は自由という名の刑に処せられている』
という言葉を思い出しました・・・。

フランスの哲学者サルトルの言葉です。
自由にいろーんなことを選択できるからこそいろいろ苦しむのよ、って意味だと私は解釈してるんですが(・・・間違ってるかもな~)
誰かに「こうしろ!」と言われたら、考える以前に選択肢がまずない。そうすると、選択する時に「悩む」という苦痛を味わなくてすむ+自分に責任がないので楽。でも一般の人間でそんな他人任せな人なんていない。
人は多すぎる選択肢の前で苦しむ。
結局選択してもそれが正しかったなんて誰にも分からない。どっちに転んでも絶対1度は後悔する。選ぶ時もかなり悩む。だから辛い。そんな感じの意味だと思っています。

サルトル研究家じゃないんで(私は文学の研究の方が好き)、サルトルがどんなことを思ってこの言葉を残したかは分かりませんが、私の解釈は上記の通り。
そして、今まさにそんな感じ。
ありすぎる選択肢の前で悪戦苦闘しているmeiheなのです。
困った困った。




・・・サルトルなんて書いたからサルトル読みたくなりました。
でも私の本棚には哲学者の本はあんまりありません。
あってニーチェ。「悲劇の誕生」「ツラァトストラはかく語りき」があるくらい。
・・・・・・・しょぼいな、my本棚。
もちょっとバリエーションに富んだ本をおきたいな~。
でも哲学とか、かた~~~~~~~い本って値段高すぎ!学生には辛い(泣)

前にブロンテの詩集(翻訳)を買おうとしたら1冊1万円を越えていました・・・。

高すぎ・・・・・・・・・!!!!


あと絶版の本が欲しい。
これまたブロンテ関係の「屋根裏の狂女バーサ」という研究書が翻訳であるらしいんですが絶版みたい。
シャーロットの「ジェーン・エア」を文学作品まで高めたキーポイントであるバーサの本らしい。

・・・・・・読みたい!!超☆読みたいデス!!!!!


おおっと、マイ・ワールドにトリップしてしまいました。

まぁ、なんだかんだ言ってもシュウカツって奥が深いな~ってことが言いたかったんです。
[PR]
by meihe1120 | 2006-02-19 00:42 | 就職活動

事故。

今日も説明会に行ってきました。


行く途中電車が止まってしまいかなり困りました。
赤羽駅で人身事故があったそうです。


今までの経験上(2年間栃木~東京通い)赤羽駅と中央線は人身事故が多い気がする。
実際私が使っているのは赤羽だけなのですが、友達が使う中央線でも人身事故は多いらしい。


赤羽駅に関して言えば、結構重要な駅だからかな~と思います。
特に朝なんてすごい。
栃木・群馬から東京に行く人は赤羽を通ります。
上野方面ならそのまま乗り換えずにいけるのですが、池袋・新宿方面だと埼京線に乗り換えしなきゃいけません。その乗り換えの駅が赤羽なんですね。
だから朝はすっごい混んでます。
あれだけ人がいたら人身事故もおきちゃうだろうな~と思ってしまいます。
人身事故だけではなく、気分が悪くなって倒れる人というのも沢山目撃してきました。
その現場はやっぱり赤羽が多かった・・・。

赤羽って、何?鬼門??とか思ってしまいます。


今回はレスキュー+現場検証だったので時間がかかってしまいました。
1時間20分の遅れです。


ちなみに、2年位前、下校時の電車の中でいきなり人が倒れるのを目の当たりにしたことがあります。
その時は非常ボタンの近くに座っていたサラリーマン風のおじさんがボタンで緊急の旨を報告→次の駅で緊急停止の流れでした。
停止する駅には連絡を受けた駅員さんたちが担架をもって待っていて、多分駅長さんと思える人が指示をだしていました。この人は本当に場慣れしている感じで、1番仕事が手際がよかったです。

実際レスキューする場面に出会う確率って低いと思っていたのですが、意外によく出会ってしまいます。でも、そんな時って何にもできずにただ見ているだけなんです。
レスキュー関係の知識って持っていて損はないのでキッチリ勉強したいですね。
[PR]
by meihe1120 | 2006-02-16 23:56 | 就職活動

癒しを求めて。

最近けっこう忙しいです。
昨日なんて実家から東京の高尾まで企業説明会を聞きに行ってきました。
約3時間電車に乗っていたのですが(まぁ、3時間なんて普段+30分なんで慣れているんです)疲れたことは確か。
しかも、初めて行く場所だったので駅から迷いました(泣)


そんなこんなで忙しい。
で、癒しを求めています。


私の場合、時間があれば読書・観劇・美術館~といった私的癒し方法を実践したいのですが、悲しいかなそれほど時間がありません。
そういう時は夜一人で部屋に篭って音楽をガンガン聴きます。

なんでも聞くんですけど、最近のテンションだと走りまくっているロックを聴く気になれず(普段はロック大好きなのに・・・)、クラシックやらジャズやら聴いて癒されています。

で、今日は夜ず~~~~~~っと聞いてました。
モノ・オペラ「人間の声」から始まり、「月に憑かれたピエロ」「薔薇の騎士」「愛の妙薬」「トリスタンとイゾルデ」(全部いいとこどりの抜粋形式で聞きました)などなど、ジャンル・国・形態・作者など関係なしに聞いてました。
今考えるとちょっとどうなのコレ?的な選曲なんですけどね・・・。
まぁ、ドニゼッティとワーグナーを連続で聞くなんてありえねーですけどね、好きなんですよ。

ドニゼッティといえば、私が声楽をやっていたころよく歌いました。ルチアの最初のアリアやドンパスのアリアとか懐かしい!
でも絶対ワーグナーは歌えないな~。ワーグナーは気合を入れて観るモノというイメージが私の中にあります。

イタリアものは結構歌いましたね~。好きだったのは「トゥーランドット」のリューのアリアや「ラ・ボエーム」のムゼッタのアリア、「セビリアの理髪師」のロジーナとか・・・。
今思うと沢山歌ってたじゃん!!
でも、ヴェルディ歌ってないや。イタリアなのにね~。
私が初めて見たオペラはヴェルディの「アイーダ」(確か、ルチアーノ・パバロッティが出てるメトの映像)だったのに、ヴェルディに縁がありませんでした。

なんか、歌いたい気分になったので今日はここまで~。
今からちょっと歌ってきます。
[PR]
by meihe1120 | 2006-02-15 00:37 | 趣味?

休日の過ごし方。



母と一緒にショッピングをしてきました。
思えば留学する前からも私と母は休日によく出かけていました。
上の兄弟2人がすでに社会人で忙しいということもあり、2人で遊ぶ頻度はけっこう高いと思います。


今日は来週に控えた我が姉の誕生日プレゼントを2人で選んできました。
私の姉は職業柄かなりおしゃれさんです。多分私の家族で1番おしゃれ。
だから、微妙なアクセサリーとか選べないんですよ(泣)
何をプレゼントしたら喜ぶのか分からなかったので母に相談。
結果、「実用的なもの」をあげましょうということに。
半日くらいかけて母と二人いろいろ見て回りました。


結局買ったのは加湿器でした。
最近加湿器が欲しいと姉がぼやいていたのを母が覚えていたんですね。
アロマ的な加湿器を購入。
喜んでくれるといいんですがね~。


電気屋さんの後は、母が春服が欲しいとのことだったので一緒に選びました。
う~ん、やっぱり日本のお洋服はかわいいですね☆

後は軽く食事をして帰りました。
帰ったら父もいました。
今日の父は畑で野菜たちと戯れていた模様。ついでに言うと、最近きのこ栽培にはまっています。

二人とも今年で50と数歳。
若いですな~~~!
[PR]
by meihe1120 | 2006-02-11 22:00

勉強方法

最近密かにブームらしい参考書を買いました。

シャドウィング本です。


英語にしろ中国語にしろ、外国語を勉強する時って大変ですよね。
今までに様々な勉強方法がありました。
私は大学2年の時に日本語教員育成コースに参加していたのですが、言語を教える方法というのは本当に多種多様だな~という感想を持った覚えがあります。


そんな沢山の方法の1つにシャドウィングというものがあります。
大学1年生の頃のTOEICの授業にて導入されていた勉強方です。
その時の先生が現役の同時通訳者という、いわゆるプロなかただったので、プロの通訳さんが練習している方法を私達に教えてくださいました。

シャドウィングはその時初めて体験しました。
シャドウィングとは、CDやテープから流れる音声を1,2秒後に何も見ないで追いかけていくように発音することです。(平たく言うとですがね。)
文字通り、影のようについていくのですね。

これはやってみた方は分かると思うのですが、最初は本当に難しいのですよ。
やりたての頃はまったくできませんでしたね。教材はTOEICの予想問題集を使っていました。
リスニングのパート3、4を使っていましたね。
はっきり言って当時の(多分今でも)私にはレベル高すぎでしたよ。
でも、やってよかったな~っと思っています。
リスニングの勉強にもなるし、知らない単語がどれだかがハッキリわかってチェックしやすいですしね。

シャドウィングが今ブームらしいので便乗して参考書を買ってみました。レベルもそれほど高くないものを選んだので、3月のTOEICに向けて勉強を再開です!!

シャドウィングもいいんですが、ディクテーションもやらなきゃね~。
2年の頃の、これまたTOEICの先生(明るいスパルタ先生)が週に1回やってくださいましたね。
聞いたものを書くのがディクテーションなんですが、コレも大変だったな~(遠い目)


この先生にはとても感謝しています。スパルタでしたが愛のあるスパルタでした(笑)
夏休みの宿題に参考書3冊やってこいと笑顔でサラっとおっしゃった先生は忘れられません。
問題を答えるだけではなく、長文の翻訳もあったのでノートは5冊になりました。
大学生なのに、大学受験生なみの夏休みを過ごした記憶がございます(泣)
テストには単語本1冊から200単語を出されましたね。
1冊から200単語って少ないじゃないですか!でも頑張って1冊丸まる暗記しましたよ。
多分今では半分位しか覚えてないでしょうがね・・・。


まぁ、とにかく、シャドウィングやディクテーションはmeihe的にお勧めなので外国語を勉強されていてまだ体験していない方がいらっしゃったらぜひともやってみてくださいね!!

ちなみに私が購入したシャド本は英語用でしたが、いっしょにいた友人が購入したのは中国語用のシャド本でした。
最近は中国語の参考書も多くて何がいいのか買う時に迷ってしまいますね。
うれしい悲鳴だな~。
[PR]
by meihe1120 | 2006-02-11 00:12 | 勉強


最新のトラックバック
17歳バトン
from lapakoの徒然日記@中国天津
無極 PROMISE 来..
from 幸福&口福之旅
無極 The Promi..
from lapakoの徒然日記@中国天津
俱乐部ジャイトン
from ★家族四人で中国留学日記★
ひどい课文
from lapakoの徒然日記@中国天津
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧